2015年05月06日

立山バックカントリー




こんにちは。

4月後半になり暖かくなってきましたね!

自宅近くのゲレンデもクローズされたので立山まで生まれて初めてのバックカントリーに行ってきましたよ。

何せ右も左も分からないので勧められるがままに購入&先輩のお古を借りながらながら道具をかき集めました!

何事でもそうだけど、いきなり買うのは怖いね。道具高いし、自分の身体に合わなかったらお金の無駄になるもんね。
ということで、今回の主なギア↓↓↓
 <ギア>
  ◆ボード:SNOW STICK/MOSS              楽天市場を確認
  ◆ビンディング:DS30/FLUX                 楽天市場を確認
  ◆トレポ:エクスペディション3/BLACK DIAMOND   楽天市場を確認
  ◆スノーシュー:ライトニングアッセント26/MSR      楽天市場を確認
  ◆ザック:AK 15L PACK/BURTON            楽天市場を確認
  ◆ビーコン:FREERIDE/PIEPS               楽天市場を確認
  ◆カメラ:GoPro HERO4                   楽天市場を確認
  ◆GoProアクセサリー:GoProリストハウジング     楽天市場を確認

 <行程>
 -登山口まで-
 扇沢駅⇒黒部ダム駅(トロリーバス)⇒黒部湖駅(徒歩)⇒黒部平駅(ケーブル)
 ⇒大観峰駅(ロープーウェイ)⇒室堂(トロリーバス)
 
 -BCコース-
 室堂⇒一の越山荘(ハイク)⇒御山谷を滑走⇒黒部ダム湖半⇒黒部ダム駅(徒歩)

まずは登山前に『雪の大谷』を観光!
普段はゲレンデで3mの積雪で驚いてますが、雪の大谷は19m!!

圧巻ですね。登山前にいいもんが見えました。
GOPR0297.JPG

気になったのは観光客。日本人と外国人が半々くらい。
中でも外国人は東南アジアの人がかなり多かった気がする。そしてテンションがめちゃ高い!
暖かい地域に人にとってはやっぱり雪が珍しいんだろうなぁ。

さ、登山開始です(この時点で11時)。

快晴で視界良好、最初から目的地の一ノ越山荘がよく見えていたので登り易かった。
雪質もモナカで負担がほとんど無く、さくっと1時間ほどで登れました。
GOPR0314.JPG
GOPR0325.JPG

途中、雷鳥にも遭遇!ついてる!
image2.jpg

一ノ越山荘(まだまだ残雪あります)
GOPR0319.JPG

昼食を取り、いよいよ滑走開始。
温度が高く、ワックスの選定ミス!モナカ雪も相まって全然スピードが出まてん。。

それでも大自然の山々をすり抜ける気持ち良さと、ところどころある岩、雪崩後の木々を避けてすべるスリルは最高。これはゲレンデじゃ味わえんわ。
GOPR0336.JPG

20分ぐらい滑走して一気に黒部ダム湖半へ。

あとは黒部ダム駅まで徒歩移動。
これがきつかった!!

時々目の前に現れる雪崩跡。

去年まであったはずの橋。橋代わりの丸太。

いつ崩れるか変わらないダム湖半の雪。

細心の注意を払って下山しました。

↓雪崩跡
GOPR0353.JPG

↓流れた橋の代わりの丸太
GOPR0356.JPG 

↓湖畔
GOPR0360.JPG

結局、、、
 ハイク6時間、滑走20分(笑)

それでもこのスキー場では味わえない気持ち良さはそれだけで行く価値があるね。
BCが人気な理由がわかりました。

 <反省点>
  ギア:なで肩でザックが下がり、身長も低いのでボードが地面にかなり近くなってしまい、スノー  
     シューで歩くときスノーシューの踵がボードと干渉してしまう。もう少し身体にマッチした
     ザックを選ぶべきだったか、僕の背負い方が悪かったか・・・。


posted by ベキオ at 18:32| Comment(0) | 山登り/BC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。